玉突き事故なのに因縁をつけられた

交通事故の被害者になってしまった時には、加害者がどのような人であるのかがとても重要になってきます。
また加害者になってしまった場合であっても被害者に対してどのような対応をとるのかというのはその他、警察をはじめとして保険会社スタッフなどへの心象に大きな影響を与えるものとなっています。
交通事故で被害者にも関わらず、加害者から嫌がらせをされてしまうという人は少なくありませんので、様々なケースによって対応方法は変わってきます。

しかしどんなときでも事故が起きてしまったら、まず警察を呼ぶことを念頭に置いておきましょう。
交通事故の一つに玉突き事故があります。
この玉突き事故というのは自分自身では避けようのない事故となっていますので、加害者の過失が100%となる事故ですが、このような玉突き事故なのにもかかわらず、加害者側に因縁をつけられて困ったという被害者の方々もたくさんいるようです。

やはりこんな時でもとにかくは警察を呼ぶことが大事となりますので、どんなに加害者が大きな声を出してまくしたてたりするようなことがあっても勢いに屈してしまうのではなく、必ず警察を呼ぶようにしましょう。

上記のようなケースでは加害者の勢いに屈せず警察を呼ぶことが大切

あまりにも気の弱い人や加害者の勢いが凄すぎて怖くなってしまい警察を呼べなかったという人もいるようです。
しかしその場合には必ず加害者のナンバーなどを覚えておき、すぐさま警察に連絡するようにしましょう。
その場から加害者が立ち去ってしまった後でもすぐに警察に連絡を入れて事情を話せば警察が加害者を突き止めた上で、その後の話し合いを行うことができます。
ここでもやはり加害者側からの嫌がらせなどを懸念してしまい、連絡しないままにすると当然ですが、加害者からの保障は一切受けられなくなってしまいますので後からでも絶対に警察には連絡するようにしましょう。

やはり加害者は被害者が怯えると大きな声を出しておどかしたりするようなケースや、軽い暴力を振るってきたりするようなこともあります。
このような場面で無理やり警察を呼ぶというのは被害者側としては難しいことになりますから、どうしても仕方がなかった時には全ての事情を警察に話すようにしましょう。
こうすることによってその場ではとても凄んでいた加害者も最終的には加害者としての罪を認めざるを得ませんので、しっかりと責任を取ってもらうことができます。

その後の嫌がらせ等については、実際に起きてしまえば、警察をはじめとして、弁護士を通じ慰謝料の請求などをすることができるので心配ありません。
泣き寝入りをしてしまえば、自分自身が車両の修理などもすべて自腹で行わなくてはなりません。

おどかしてその場から逃げても、最終的な保障が大きくなる

玉突き事故の加害者になってしまった際に前の車に対し、お前が突然ブレーキを踏んだからだなどと因縁をつけるドライバーがいるようです。
しかし法律でも決まっているように玉突き事故というのは加害者が100%の過失となりますから、全ての責任を負わなくてはなりません。
にもかかわらず、自分の責任問題を被害者側になすりつけて逃げようとする場合には後で警察への連絡が入りその後の実況見分などが行われ、最終的に被害者に対して保証するといった部分で非常に大きな保障をしなければならなくなってしまいます。

当て逃げとして扱われてしまうことになりますから、その分での刑事処分も非常に重たいものとなり重過失として判断されてしまうことになります。
その場でしっかり対応していればそこまでの処分や保障内容が決定するものではなかったにもかかわらず、その場から立ち去ってしまったがために自分自身もとても困るケースがあるので、加害者になってしまった場合には、けしておどかしたりその場を立ち去ったりするのではなく、真摯な対応に努めましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ