無保険で交通事故を起こすリスク

自分自身が車の運転をするドライバーさんであれば、万が一のために任意保険に加入しているというのは近年、当たり前のような認識となっています。
しかし必ずしも任意保険に加入しているドライバーさんだけなのかといえばそうではなく、経済的な事情や自分の運転を過信しているといった理由などから任意保険に加入していないドライバーさんがいることも事実です。

どのような理由であれ保険の状態で交通事故を起こしてしまうというのは非常に大きなリスクを背負いますから、どれだけのリスクがあるのかについて把握しておかなければなりません。
保険には加入していないけど、その代わり絶対に事故を起こさないなどと思っていても自分の気持ちだけで事故を起こさないようにできるものではなく、ちょっとした気の緩みなどから大きな事故につながる可能性があります。
そうなった時に保険に加入していないから被害者に対して保障はできないと言い切るのではなく、必ずしも何らかの保障問題、そして責任が生じてきますので、どれだけのリスクがあるのかを必ず把握して車の運転をしなければならないと言えます。

被害者に対して保障問題で自分の人生が大きく変わってしまう

無保険の状態で事故を起こすと前述の通り、被害者に対する保障問題について保険会社は助けてくれません。
そのため自賠責保険から最低限の保障を行っていくことになりますが、被害の大きな事故の場合には、自賠責保険からの保障だけでは到底間に合わないことがあります。
そうなった際に自分のお給料などから被害者に対しての保障を行っていくのですが、例えば被害者に大きな後遺症害が残ってしまったなどの場合には自賠責保険からの保障だけでは足りなくなってしまいますので、月々の自分の給料の中から支払をしていかなくてはなりません。

このような弁済をしていく中で生活そのものが苦しくなってしまい、自己破産に追い込まれたりすることもあります。
また、悪質な交通事故の加害者になってしまうことで会社から解雇を言い渡されてしまうようなこともあるため、こうなれば働き口もなくなり被害者への保障はおろか、自分の生活そのものがどんどん厳しい状態に追い込まれてしまいます。
無保険で交通事故を起こすというのは、このように非常に大きなリスクを抱えていますので可能な限り任意保険に加入しておくことが本当に重要だと言えます。

保険に加入していないから支払いはできませんといったところで、それが通用するものではなく、被害者側としては弁護士を立てて加害者を提訴することによって加害者の支払能力に応じて今後の保障問題が決定することになっています。

できる限りの誠意を見せていくことが大切

例え無保険状態で交通事故を起こしてしまったとしても前述した通り被害者に対しての保障はおこなっていかなくてはなりません。
ただし、一度に多額の保障額を支払うのが難しいといったケースでは被害者に頭を下げてでも可能な限りの誠意を見せていく必要があります。
月々どんなに少ない金額であってもしっかりと返済を続けていく加害者と支払能力がないからと弁済を全くしないような加害者には被害者からの心象も大きく変わってくるでしょう。
また被害者が弁護士を立てる場合であっても同じく心象が変わってくるので、加害者として考えるよりも先にまずは人間として、被害者に対しどのような保障をしていくのか、また誠意を見せるのかといった部分を真剣に考えなくてはなりません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ