交通事故の慰謝料は誰が計算するの?

交通事故の加害者が被害者に対してさまざまな保障そして最終的には慰謝料の支払いもしていかなくてはなりません。
慰謝料というのはどのような事故だったのかによって金額が変わってくるのですが、被害者としては、どれだけの被害慰謝料を受け取ることができるのか気になる部分ではないでしょうか。
この慰謝料についてはどのように慰謝料を計算し支払ってくれるのかによって、最終的な金額に違いがあります。
慰謝料の対象になってくるのは後遺障害が残ってしまった場合の心身的な部分への懸念をはじめとして、交通事故そのものが精神的に与えるダメージとなっているのですが、任意保険に加入している場合と加入していなかった場合、また弁護士を立てた場合なはそれ慰謝料の金額が変わってきます。

これはそれぞれの慰謝料の計算方法に基準があるため、この基準がすべて違っていることが理由になっています。

最も高い慰謝料を受け取るためには弁護士を立てること

前述した通り、複数の方法から慰謝料の計算を行うことになっているのですが、被害者の立場として最も高い慰謝料を受け取りたいと考えているのであれば、早い段階で弁護士を立てた上で慰謝料についての計算をしていくようにしましょう。
弁護士基準で計算する慰謝料というのが最も高くなっており、その次に高いのが保険会社の基準となっています。
ただし任意保険会社基準といっても一律ではないため、それぞれの会社によって当然ながら基準そのものは違っていることを覚えておきましょう。

そして最も少なくなってしまうのが自賠責保険での算出方法となっており、任意保険に加入していない加害者が慰謝料計算を行う際には、自賠責で最低限の算出が行われることになっています。
どのような計算方法であっても特に意識はしないという人であれば前述した内容は気にしなくても良いですが、やはり被害者となってしまった以上はしっかり納得できるだけの慰謝料を受け取れた方が良い事は間違いありません。
また保険会社などの場合にはできる限り慰謝料を支払いたくないため、計算する基準だけではなく慰謝料に該当する理由についても様々な言い訳をしてできるだけお金を支払わなくて良いように言いくるめてくることがあります。

このような部分でも保険会社の言いなりになってしまうのではなく、弁護士に相談して対処していくことでスピーディーになおかつしっかりと満足できるだけの慰謝料の受け取りができます。
保険会社の言いなりになってしまうと本来であればもっと高い慰謝料を受け取れてたはずなのにも関わらず、知らなかったばかりにとても少ない慰謝料で示談に応じさせられてしまうので注意しましょう。

加害者が無保険だった場合には弁護士はとても頼りになる

交通事故の加害者が無保険だったと言う場合には被害者として本当に運が悪かったと諦めてしまうことがほとんどです。
しかしここでもやはり弁護士さんの力を借りることで、加害者に支払い能力があるのかないのかを確かめた上で支払能力が少しでもあれば月々分割といった方法で慰謝料をはじめとしたその他の保障についても払ってもらうことができます。

支払能力があるかどうかを調べるのは、弁護士でしか行うことができませんので個人的に諦めてしまう前にまずは弁護士に相談しましょう。
交通事故に対してたくさんの経験を持ちこれまでにも事故問題を何度も解決している弁護士さんであれば必ず力になってくれるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ