交通事故の被害者への謝罪について

交通事故の被害者への謝罪について

交通事故の加害者になってしまった場合には被害者に対してとても申し訳ない気持ちを持ってしまうとともに、しっかりとした保障を行っていかなくてはなりません。
保障に関しては任意保険に加入していれば保険から行われることになりますが、それだけではなくやはり被害者の方に対しての気持ちの部分でしっかりとした謝罪をしたいと思う人はたくさんいるでしょう。
基本的に保険会社としては加害者が直接被害者側に取材をしたりすることは望んでいませんので何もしないでくださいと言われる事がありますが、それでも自分の気持ちがおさまらないといった場合には被害者に対して謝罪をすることも可能です。

ただし謝罪をする場合には、いきすぎてはいけないということと、被害者側の意思確認をしっかりと行うことが大切になります。
無理に謝罪に行こうと思っていても被害者には迷惑と思ってしまうケースも少なくありませんので、このような部分はしっかりと考慮しなければなりません。

まずは電話で確認してみることが大切

実際に被害者に対して謝罪に行きたいと考えているのであれば、まずは保険会社を通じて被害者側の意思確認を行ってもらうようにしましょう。
この段階で謝罪を受け入れない、会いたくないと言われてしまったら無理に被害者のお宅などを調べて伺っても迷惑になるだけですから手紙を保険会社のスタッフに託すなどといった方法で謝罪の気持ちを述べると良いでしょう。

また謝罪を受け入れてくれた場合には、手土産を持って謝罪に行くことが大切になりますがこの際には、自分の都合ではなく必ず被害者側の都合をしっかりと確認した上で時間内に伺うようにしましょう。
そして手短に済ませることや被害者のご家族から万が一、罵声を浴びせられるようなことがあってもしっかり受ける気持ちを持っていかなくてはなりません。
加害者としては被害者のご家族から罵声を浴びせられてしまうことがあるのは覚悟していなければならず、ここで反対に腹を立ててしまうようでは謝罪に行く意味がなくなってしまいます。

また一度謝罪を受け入れてもらえた上で自分の気持ちがまだ治まらないと何度も何度も被害者のお宅に押しかけてしまうのは迷惑以外の何物でもありませんから、理解の謝罪を受け入れてもらえうことができたらそれ以上は必要以上に押しかけるようなことは避けた方が良いです。

参考:宇都宮の交通事故に強い弁護士に相談

被害者に子供がいる場合には特に注意

被害者が成人している方だけであれば、ある程度直接の話し合いをすることができるのですが、万が一被害者にお子様がいる場合には謝罪に出向くにもお子様の気持ちを十分考慮しなければなりません。
大人は自分の気持ちや理性でしっかり判断することができますが、小さなお子様はこのような部分での判断が難しいため交通事故の加害者の顔を見てしまうことによって、交通事故の場面がフラッシュバックしてしまうといったPTSD の症状に陥ってしまう可能性があります。
PTSD を患ってしまうと、後遺症害認定が行われるため、ここでの保障問題について加害者としてはしっかりとした保障をしなければなりません。
また、PTSD を患ってしまったお子さんは非常に辛い毎日を過ごさなくてはなりませんから、このような部分も懸念した上で被害者側とは謝罪について入念な話し合いが必要になるでしょう。

万が一にでもお子様のフラッシュバックなどが懸念されるようであれば親御さんに対して謝罪の文を述べた手紙などを届けるようにして直接お子様には合わないようにすることが大切です。

職場で交通事故について指導する会社が増えている

自動車をはじめとして様々な車両の運転を必要とする会社はとてもたくさんあります。
バス会社やタクシー会社をはじめとして、その他にもトラックを使用する会社や営業車を使用する会社などがあるでしょう。
このような会社の場合には、万が一交通事故が起きてしまった際の対応方法や事故が起きないようにするための対策などについて力を入れています。

交通事故に関してのさまざまな対策や指導を行っている会社が増え続けているため自分自身が車の運転をする際に以前に比べて意識するようになったと言う人もいるようです。

どんな内容を指導しているのかについて

それぞれの会社が指導している内容というのは国土交通省が発表しているマニュアル等を使用して、業務についてや万が一交通事故が起きてしまった際に被害者に対してどのような対応をすれば良いのかということなどがあります。
特にトラックの運転手といった職業の場合には深夜の時間帯にも長時間の運転をすることなどが考えられますから、こうした部分からドライバー自身が健康管理をしっかり行うことやドライブレコーダーを活用して事故対策を考えるという部分でも力を入れる会社が増えています。

主に会社で使用する車両が交通事故を起こしてしまった場合には、労災などを使用しながら様々な対応をしていくのですが、それでも従業員側と運行供用者責任という部分で会社側でトラブルになってしまうケースもあり、このようなケースでは専門の弁護士を通じて解決に向かっていく必要があります。
そのため、万が一に備えて弁護士さんが社員の方々に対して、こうした部分からの指導を行うこともあるようです。

実際に自分自身が運転をする人であればどんなときに弁護士に頼れば良いのかを知っておくのも良いことだといえるでしょう。

とても怖い無呼吸症候群

テレビなどでも注目されていますが自動車等の運転をしている間についつい居眠り運転をしてしまい、こうした居眠り運転の原因の一つに睡眠時無呼吸症候群が挙げられています。
本人の自覚症状が非常に少ないため、このような部分からも事故が多発してしまうといった懸念があり、多くの会社では、こうした部分についてもできる限りの検査を行うことや仕事以外の部分でしっかりとした睡眠をとってもらうことなどを指導しているようです。
また定期的に健康診断などを行い運転を行うの本人が常に健康な状態でいられるように力強く取り組んでいる会社などもあります。

やはり会社側としてこのような取り組みを行うことにより、ドライバー一人一人の意識も高いものとなり、交通事故予防していく事に繋がるのではないでしょうか。

運行供用者責任について知識を持っておくことも大事

上記したように自動車の運転をする従業員を抱えている会社の場合には、会社側に運行供用者責任というものが発生します。
しかしながら、このような運行供用者責任を放棄してしまい事故が起きた際には、全く取り合ってくれない会社などもあるので、このような会社で働いてしまった場合には不運としか言いようがありません。
しかし、不運として片付けることはできませんから会社側が運行供用者責任を果たしてくれない場合にはどのように保証問題を解決していけばよいのかについて、しっかりとした知識を持っておくようにしましょう。

どこに相談すれば良いのか、また被害者に対してどのような方向で話をすれば良いのかについてもドライバー自身が責任をもって知識を身につけておく必要があります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ